アメリカのトッププレイヤーjdm64がCS:GOの競技シーンより引退、Riot Gamesの新作FPS"VALORANT"への移行を発表しています。

5月21日、30歳の誕生日を迎えたアメリカのプレイヤーjdm64は自身のTwitterで、「本日、私は30歳になりました。約18年~20年間、Counter Strikeをプレイしていて、今が新しい物語の始まりだと感じました。私はVALORANTへ競技シーンを切り替えます。そして新しく所属するチーム/組織を探しています。クリエイティブで覚えやすいチームを作りましょう。気軽にDMをください。」と投稿、長年に渡りプレイしたCounter Strikeより引退し、VALORANTへ移行することを発表しています。


アメリカのトップシーンで活躍したプレイヤーの1人であるjdm64は、CLG、Liquid、Envyといったアメリカのトップチームでプレイ、キャリアを通して6回のメジャー大会へ出場し、2年間在籍したLiquidではメジャー大会ESL One Cologne 2016で準優勝を獲得しています。

jdm64と言えば椅子に深く腰掛けるスタイルが特徴だった

jdm64は長年に渡りアメリカ屈指のAWPerとしてプレイし、HLTVより確認できるAWPのキル数は9000とAK47の約10倍以上のキル数となっており、AK47よりハンドガンのP250の方がキル数が多いことで知られる数少ないプレイヤーの1人でした。


reltuCShahZaMFREAKAZOiDといった多くのアメリカのトッププレイヤーがVALORANTへの移行を発表していますが、ジャーナリスト、トッププレイヤーがNAの現状について言及し賛否両論の意見となっています。

2 コメント

  1. ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^
    ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^
    ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^
    ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^
    ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^ ^v^

    返信削除
  2. 新しい可能性を模索することは良いことだ
    それが成功するかは別にして
    jdmファンボとしては応援する。Hikoお前はどうするんだ?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link