Amazon ゲーミングデバイス祭り


FREAKAZOiDが現役引退を発表、Riot Gamesの新作FPS"VALORANT"への転向する意向を明かしています。

今年で27歳を迎えるのアメリカのプレイヤーFREAKAZOiDは過去にCloud9、Echo Fox、Ghost、eUnitedなどのアメリカのトップチームで活動、3度のメジャー大会に加え多くの国際大会へと出場、2015年にはiBUYPOWER Cupで優勝を獲得してます。

今年3月にeUnitedがCS:GO部門を解散して以降は、アマチュアチームSwole Patrolでプレイしていましたが、メンバーがVALORANTへ移行・脱退を重ね、チームの存続危機となり、先日はCS:GOチームでの活動続行とVALORANTへは移行しないことを明かしていましたが、その5日後にCS:GOシーンより引退、VALORANTへの移行を発表しました。


FREAKAZOiDはTwitterで「人生というものは、古いものを捨て、新しいことへ行かなければいけないタイミングがあります。そして、私はCounter Strikeを引退しVALORANTをプレイすることに決定しました。世界と競争し、世界中のチームと戦えるチームの一員になるのが待ちきれません。」とコメント、Counter Strikeの競技シーンより離れ、Riot Gamesの新作FPS"VALORANT"への転向する意向を明かしています。


現時点で多くのNAのプレイヤーがVALORANTへの移行を発表しており、FREKAZOiDと同じくSwole Patrolに在籍したZellsisは「NAの下位シーンは組織よりのサポートが不足している」と明かしており、これらがNAのプレイヤーが多くVALORANTへ移行している理由だと予測されます。

また、FREKAZOiDの実の弟であるCooperは、Swole Patrolより脱退し、今後もCS:GOとしてのキャリアを継続する意向を明かしています。

6 コメント

  1. タイムアタックでもしてたんか

    返信削除
  2. 筋肉は嘘をつかないは嘘だった

    返信削除
  3. C9から脱走した次はCSGOから脱走するのか

    返信削除
  4. valorantでは若手をイジメないでほしいな

    返信削除
    返信
    1. あんな性格終わってる若手もなかなかいないから大丈夫でしょ

      削除
  5. 言ってる事とやってる事無茶苦茶でワロタ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link