ゲーム内ファイルをウォールハック、スキン変更などが行えるバグが発見されています。

チャンネル登録者数200万人以上を誇るYouTuber"Sparkles"は、8月12日に公開した動画で、ゲーム内ファイルの置き換え、変更によりウォールハック、武器スキンの変更、スモークを透かすなどの過去に発見されたバグがほぼ全て使用可能になるバグを発見、動画では実際にウォールハック、武器スキンの変更を行っている様子が確認できます。

このバグはゲーム内ファイルを置き換えることにより使用可能であるため、サードパーティー製のソフトウェアをブロックする"Trusted Mode"、Valve Anti Cheat(通称:VAC)に検知されることはなく、公式サーバーの他、FACEIT、ESEAといったサービスでも使用可能*となっています。

*過去にファイルを書き換えることにより足音を増幅するバグを使用したユーザーがFACEITよりBANされた事例があるため使用しないことをお勧めします。

死体含むすべてのプレイヤーモデルが壁越しに表示されている

公式サーバーでも使用可能

スモークグレネード展開後も画面にはスモークが表示されない

AK-47のスキンを変更している画像、ユーザーが製作した自作スキンも適応可能


githubの情報によると、このバグはszmarczakによって発見され、githubにはバグの使用手順が記されています。

Sparklesはこのバグを「2020年最大のエクスプロイト(脆弱性を利用した攻撃)」と指摘しており、Valveの対応次第では迅速に修正されることが予測されます。

今年度に入りCS:GOには多くのバグが見つかっており、7月末に発見されたスモーク越しに敵を確認できるバグ、特定の壁を透かして見ることが出来るバグは発見され迅速に修正されていますが、先日発見されたプレイヤーモデルが正方形で表示されるバグは現時点では修正されておらず、Valveの今後の対応に注目されます。

11 コメント

  1. ファイル書き換えでhackってホント何年前のゲームの話してんだよ・・・CSGOじゃん・・・

    返信削除
  2. このAKのスキン普通にかっこいいいから使いたいんだけど

    返信削除
  3. 全てのユーザーが使用可能とはとても親切。

    返信削除
  4. ソースエンジンのデメリット
    エンジンが古いから古典的な事が今でも出来てしまう

    このAKはクロスファイアのAKだから海外版のクロスファイアインストールすれば使えるよ

    返信削除
  5. Valveさん、チート対策もソース2も128tick鯖も口先だけでなーんもしてない
    そりゃvalo に人流れるわ

    返信削除
    返信
    1. 自分はすでにvaloに流れた民だけど、
      あそこまで色々とやるっていってて結局まだ何も実装されてないのすごいな…
      valoはこの期間でリリースされてランクマ実装、デスマッチ実装、キャラの調整何回もして新キャラもきたよ…

      削除
    2. Valveは一回も公言してない定期

      削除
  6. アホくさ
    なんだよこのゲーム

    返信削除
  7. キムチゲーのスキンってやっぱ気持ち悪いな
    黒龍みたいな名前付いてそう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link