Amazon ゲーミングデバイス祭り

ファイル名を変更することによりスモークが透けて表示されるバグが発見、バグを悪用した1,000以上のFACEITアカウントがBANされる事態となっています。

ジャーナリストのRichard Lewisは、ゲーム内ファイルのファイル名を変更する事によりスモークグレネードのアニメーションをオフにすることが出来るバグを発見、このバグは簡単に使用することが出来る上、悪用性が高いことから自身のYouTubeチャンネルで投稿した動画では"絶対にバグを悪用しないよう"忠告しています。

動画では4:00辺りから実際にバグを検証している

また、FACEITを管理するMikeyは「過去数日間でこのバグを悪用した1,100人以上のプレイヤーがBANされています。私たちは積極的にこのバグを悪用するプレイヤーをBANする予定です。」と投稿しており、実際にバグを悪用しFACIETをプレイした1,000人以上のアカウントをBANしたことを報告しています。


Richard Lewisはバグ発見と同時にValveに対して修正のメッセージを送り、このバグが発見されて僅か10時間後となる本日朝にバグを修正するアップデートをリリースしており、迅速な処置が為されています。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link