賞金総額10万ドル「eXTREMESLAND CS:GO Asia 2019」に出場する16チームが決定しています。

eXTREMESLAND CS:GO Asia 2019

eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2019は中国・上海にて11月14日~17日の4日間にかけて行われる賞金総額10万ドル(約1100万円)のオフラインCSGO大会です。今大会はアジアのCSシーンの発展、コミュニティの成長を目標として掲げている大会でアジアの各地域予選を勝ち抜いたそれぞれの国の代表チームが出場します。

出場チーム

 Absolute (GGC 2019)
 MVP PK (韓国予選)
 ENZO (台湾/マカオ予選)
 Entity Gaming (インド予選)
 BOOT-d[S] (東南アジア予選1位)
 Bren Esports (東南アジア予選2位)
 Long Amazing Zebra Ears (東南アジア予選3位)
 AUGUST (モンゴル予選)
 Demise (中東予選1位)
 YaLLa eSports (中東予選2位)
 Revolution (ベトナム予選)
 Grayhound (オセアニア予選1位)
 ORDER (オセアニア予選2位)
 ViCi (中国予選1位)
 TYLOO (中国予選2位)
 Alpha Red (タイ予選)

日本よりは9月末に行われたGALLERIA GLOBAL CHALENGE 2019にてUpdraft、Ignisを破り優勝を獲得したAbsoluteがeXTREMESLAND CS:GO Asia 2019への出場権を獲得しています。


韓国予選ではベテランプレイヤーglowに加え新たに2人のメンバーを迎え入れたMVP PKが国内予選では圧倒的な強さを誇り優勝、新体制での初のオフライン大会となるので注目が集まります。また、昨年行われたeXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2018ではNASR、5POWER、Flash Gamingを破り優勝を獲得しています。

モンゴル予選では元GrayhoundのプレイヤーerkaStに加え、dobu、kabal、Zilkenbergといったモンゴルのベテランプレイヤーを集めたチームのAUGUSTが本戦へコマを進めています。AUGUSTは今年9月に結成されたばかりのチームで、今大会が初の国際大会となります。

erkaStは約2年Grayhoundに所属した

中東予選を1位通過したDemiseは、元Space Soldiersで活躍したngiN、paz率いるトルコのチームで中東予選では4戦連勝で優勝、本戦への出場権を獲得しています。こちらのチームもMVP PK、AUGUST同様に初の国際大会で大会にかける意気込みをCSGO2ASIAのインタビューにて答えています。

オセアニア予選ではGrayhound、ORDERが本戦への出場権を獲得しています。両チームともに先日メンバー変更を加えておりGrayhoundにはINSORDERにはベテランプレイヤーUSTILOと契約しラインナップの強化を図っています。両チームともにオーストラリアの国内シーン以外に国際大会での経験が豊富なチームで、大会上位入賞候補に挙げられています。

ホームである中国予選ではViCi、TYLOOの2チームが国内予選にてEHOME、OneThreeといった国内トップチームを破り本戦へのコマを進めています。両チームともにメジャー大会等の国際大会への出場経験が豊富なチームで現在アジアランキング1位に位置するTYLOOはeXTREMESLANDへ満を持しての初出場となります。

今年で4回目となる今大会は、各地域予選よりトップチームが出場を獲得しており、非常に注目が集まる国際大会となります。昨年のeXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2018では、Absoluteは惜しくもグループ予選で敗退、13-14位と最下位といった結果で終了し、苦汁を嘗める経験をしています。

現在も国内大会で連勝を重ねるAbsoluteはeXTREMESLAND CS:GO Asia 2019の前に、インドネシア・ジャカルタで開催されるOMEN Challengers Series 2019も控えており、大会が続く厳しいスケジュールとなると思いますが、日本代表として出場するAbsoluteを応援しましょう。

賞金プール

1位 - $40,000 (約440万円)
2位 - $20,000 (約220万円) 
3-4位 -  $8,000 (約90万円)
5-8位 -  $4,000 (約40万円)
9-16位 -  $1,000 (約10万円)

コメント


Sponsored Link