Amazon ゲーミングデバイス祭り


アジアランキング1位チーム「TYLOO」所属の韓国人プレイヤーxetaが現役引退、CS:GOからVALORANTへ移行が発表されています。

TYLOOはTwitterで「本日、Seonho "Xeta" SonがCS:GOの競技シーンより引退を決定し、VALORANTでの新しい旅をスタートすることを発表します。私たちは彼の決定を尊重し、彼が私たちのチームにもたらしてくれたプロ意識とスキルに感謝します。私たちは彼の今後のため、最善を尽くします。」と発表、xetaがCS:GOの競技シーンより引退し、Riot Gamesの新作FPS"VALORANT"へ移行することを発表しました。


現在23歳の韓国出身のプレイヤーxetaは、2016年より競技シーンでプレイし、MVP PKを始め、GOSU、m0nster.krといった韓国トップチームでAWPerとして活躍、国際大会への経験も豊富でeXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2018、Cobx Masters Phase 2などのアジア大会で優勝を獲得しています。

今年1月にはMVP PKとの契約終了に伴い海外チームに視野を向けることを発表、韓国から中国へ拠点を移し、アジアランキング1位の中国チームTYLOOへの移籍を発表しました。

しかし、今年4月新型コロナウイルスの影響を受け、TYLOOは中国国外のプレイヤーxeta、Freemanをベンチに入れ、中国国内のプレイヤーdank1ng、SLOWLYを採用、以降xetaは競技シーンで姿を見せることはありませんでした。


xetaはTwitLonger「私は正式にVALORANTへ移行します。メジャー大会出場や、S-Tier大会でプレイオフへ進出することは叶いませんでしたが、皆さんのサポートや歓声のおかげでGOSUからスタートしたプロのキャリアはかなり長い旅となりました。世界中のたくさんの人々に会うことができ、世界中の大会に出場することができとても嬉しく思います。Counter Strikeの経験では良い思い出と良い人々しかいません。これらの素晴らしい経験があれば、VALORANTでも大きなことを成し遂げることができます。全ての応援に感謝します。VALORANTで会いましょう。」とコメント、CS:GOから正式にVALORANTへ転向することを発表しました。


xetaは韓国国内のVALORANTの大会で既に結果を残しており、LVUP VALORANT InvitationalではGen.G所属のPUBGプレイヤーEsther、Overwatchプレイヤーryujehong、Zunbaなどのプレイヤーと共に優勝を獲得しています。

今年3月には韓国トップCS:GOチームのMVP PKもCS:GO部門の解散を発表しており、現時点で韓国で活躍するCS:GOチームは無く、CS:GOをトップチームでプレイする韓国人プレイヤーはBTRGでプレイするXigNのみとなっています。

現時点で、旧MVP PKメンバーやxetaは、VALORANTの所属チームについては発表されていませんが、MVP PKコーチのtermiは「世界最高のチームになる自信がある」と述べており、様々な組織と交渉を行っていることが予測されます。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link