韓国トップチーム「MVP PK」がCS:GO部門の解散を発表、今後、チームに所属していた選手はRiot Gamesの新作FPS"VALORANT"へ焦点を当てることが明らかになっています。

韓国のメディアFomosによると、韓国に拠点を置くeスポーツチームMVP PKがCS:GO部門のメンバーと契約を終了したことが明らかになっています。

MVP PKは、2016年にtermi、peri、glow、solo、zeffといった韓国のCS1.6レジェンドプレイヤーを中心に結成されたチームで、韓国のCS:GOシーンでは最も世界で活躍したチームとして知られています。

アジア大会eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2018、Cobx Masters Phase 2、CS:GO Asia Summitでの優勝を初め、WESG 2018、IEM Sydney 2018~2019、ESL One Cologne 2019、IEM Chicago 2018、ESL Pro League Season 7 Finalsといった多くの国際大会に出場しています。

2017年にコーチへ転向したtermiはCS1.6のe-STRO、WeMade FOX時代に多くの世界大会で優勝を獲得している

契約を終了したメンバーは既にVALORANTでの活動をスタートしており、現在韓国では敵無しのチームとなっています。コーチを務めるtermiは「VALORANTはCS:GOと同様の部分が多く、容易に環境に適応できると考えた。数年間積んだノウハウとシステムをそのまま適応して練習を始めている。世界最高のチームになる自信がある。私たちと共に道を進むチームを探しています。」とコメント、世界トップを目指す意向を述べ、現在オファーを公開していることを明かしています。

また、アジア大会で数多くの対戦を繰り広げた同じ東アジア地域のライバルチームAbsoluteも今年3月にVALORANTへ移行することを発表しており、今後VALORANTの競技シーンでも多く対戦することが期待されます。

旧MVP PKのCS:GO部門のラインナップは以下になります。

 Gu-Taek "stax" Kim
 Min-Soo "glow" Kim
 Gu-Sang "Rb" Min
 Seung-won "k1Ng" Lee
 Nak-Yeon "Ch2ese" Kim
 Seon-Ho "termi" Pyeon (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link