「Renegades」が「Grayhound」CSGO部門を買収する可能性が高いとDBLTAPより明らかになっています。

DBLTAPによると、複数の情報筋よりアメリカに拠点を置くeスポーツチームRenegadesがオーストラリアのeスポーツチームGrayhoundを買収する意向であることを明かしています。また、既に両チームでの契約は成立しており、本日12月3日(火曜日)20:00より行われる賞金総額60万ドルのESL Pro League Season 10 FinalsではRenegadesのチームタグのもと、出場する可能性が高いと明らかになっています。

Renegadesは、2015年にjksやAZRに加え、現在はアナリストとして活躍するSPUNJが在籍していたオーストラリアのチームVox Eminorのメンバーを買収し、CSGOシーンへ参入しました。チームは5度のメジャー大会出場に加え、StarLadder Berlin Major 2019ではBEST4、IEM Katowice 2019ではBEST8を獲得し、オーストラリアチームとして初のHLTV世界ランキングTOP10にランクインしました。


Renegadesは約4年間オーストラリアシーンで活躍しましたが、今年10月に100 ThievesがRenegades CSGO部門のメンバーと契約を結んだ事を発表、リークでは220万ドル(約2.4億円)でチームを買収した事が明らかになっています。また、100 Thievesはチーム買収後、初出場のオフライン大会IEM Beijing 2019で見事準優勝を獲得、現在チームのHLTV世界ランキングは5位に位置しています。

Renegadesはチーム売却の際に、CSGO部門を再び開設することを示唆しており、今回のリークで再びオーストラリアのチームGrayhoundと交渉を進めていることが明らかになりました。

Grayhoundは、dexterやSico、INSといった実力派プレイヤーが在籍しており、2度のメジャー大会出場に加え、DreamHack Masters Malmö 2019、IEM Sydney 2019ではBSET8、その他アジアやオーストラリアの大会では、多くの優勝を獲得しています。


また、今朝Grayhoundの公式Twitterより重大発表のお知らせがあるとツイートしており、大会が始まる本日中に正式発表がなされると予測されます。

もし、RenegadesがGrayhoundを買収した場合、チームのラインナップは以下になります。Grayhoundが出場予定のESL Pro League Season 10 Finalsは本日20:00よりスタートします。大会の詳細についてはリンクより確認できます。

 Christopher "dexter" Nong
 Liam "malta" Schembri
 Ollie "DickStacy" Tierney
 Simon "Sico" Williams
 Joshua "INS" Potter

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事