「100 Thieves」は220万ドル(約2.4億円)で「Renegades」CSGO部門を買収したとフランスのインサイダーneLより明らかになっています。

フランスのインサイダーneLは自身のTwitterにて「100 Thievesが彼らを署名したことは少し複雑ですが、プレイヤーにとってはキャリアアップとなり素晴らしいことだと思います。彼らは常にトップ10チームですが、それ以上でもありません。私は彼らを買収した100 Thievesを過大評価していたかもしれません。EGが300万ドル(3.2億円)でNRGを買収したのに対し彼らは220万ドル(約2.4億円)で買収されました。興味深いです。」とツイート、約2.4億円でRenegades CSGO部門を買収したことを明かしています。


今月1日、100 ThievesはRenegades CSGO部門を買収、公式声明では「長期的なCSGOシーンへの参入を見込んでおり、私達はプレイヤーとチームへのサポートのみではなく20年に渡りeスポーツシーンで成功し続けたCounter Strikeのエコシステムをサポートします。」とコメント、長期的な活躍を見込みRenegadesを買収したことを明らかにしました。

また、neLは上記のツイートに続き、「巨大なNAリーグがまもなく登場します。今に分かるでしょう。」とツイート、コミュニティで噂されているアメリカのCSGOリーグの始動を示唆しています。


現在、Dignitas、TSM、Misfits、Chaos Esports Clubといったアメリカに拠点に置くeスポーツチームがCSGO部門を開設することを明かしており、近いうちに発表予定と考えられるNAリーグに備えていると予測されます。

コメント


Sponsored Link