seang@resがコーチ、もしくはチームマネージャーとしてのキャリアを検討している事がDexerto.comより発表されています。

DeKay’s Sources: seangares exploring coach and general manager options

現在アナリストとして活躍するseang@resは昨年12月のインタビューにて、「複数のTOP10チームからオファーを貰っている」と述べており、先日行われたメジャー大会StarLadder Berlin Major 2019のインタビューでは「現在もたくさんのチームからオファーを貰っており、将来的にはコーチとしてのキャリアを選択する事に興味を持っている」と答え、コーチとしてのキャリア選択を前向きに考えている事を明かしています。

seang@resはcompLexity、Cloud9、Echo Fox、TSM、Misfitsといったアメリカのチームで活動したプレイヤーで、チーム内の役割はIGLを務め多くの国際大会へとチームを導きました。


昨年1月のMisfitsの解散を最後にプレイヤーとして活動はしていませんが、メジャー大会や国際大会のアナリストとして活動しています。

現在、アメリカのチームのcompLexityがチームの再構築を検討している事や、同じくアメリカのチームである100 ThievesDignitasMisfitsがCSGOシーンへの参入を発表しており、seang@resがこれらのチームよりオファーを貰っている事は現在不明ですが、StarLadderのインタビューでも答えていたように本人はTier1チームへの加入を検討していると考えられます。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link