「100 Thieves」が新たにCSGO部門を開設予定と100 ThievesのCEO、NadeshotのYouTubeチャンネルより発表されています。

Nadeshotが公開した動画によると、「過去にもCSGO部門を開設したが約2ヵ月といった期間で終了し失敗した。しかし今回は全力をかけCSGO部門を開設する」とコメントを加え発表しています。


100 Thievesは、2017年の中期に行われたメジャー大会PGL Major Krakow 2017にて準優勝を獲得したImmortalsのラインナップを2017年12月に買収し100 Thieves CSGO部門を開設しました。

しかし、チームは2018年1月に行われたメジャー大会ELEAGUE Major Boston 2018にてVISA問題の為大会を辞退、その後kNgが有名アナリストのThorinとの激しい議論が話題になり、100 Thieves CSGO部門は解散といった流れになりました。

今回、100 Thievesが新たにCSGO部門を開設する事を発表した事に伴い、コミュニティではOpTic Gamingのラインナップを買収するのではないかと話題となっています。

関連記事 : 「Immortals Gaming Club」が「OpTic Gaming」の親会社を買収、「OpTic」CSGO部門のメンバーは売却へ

また、OpTicに所属するk0nfigは7月18日に新たにチームと契約した事を示唆するツイートをしています。


今回CSGO部門を開設予定と発表した100 Thievesに加えて、今年の2月にはアメリカのeSportsチームTSMが新たにCSGO部門を開設予定とリークされていましたが、未だに正式な発表は無い状態となっています。

関連記事 : TSMの会長が「新たにCSGOチームを結成するには150万~200万ドルのコストが掛かる」と自身のInstgramにてコメント

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link