「100 Thieves」CEOを務めるNadeshotがメジャー大会チャンピオンシップレベルのチームを構築する事をTwitterにて示唆しています。

Nadeshotは自身のTwitterにて「CSGOシーンに参入し、メジャー大会チャンピオンシップレベルのチームを構築する事にとても興奮しています。私達は来週ベルリンへ向かい、勝つことに貪欲なプレイヤー達と契約を結びます!」とツイートし、メジャー大会チャンピオンシップレベルのプレイヤー達と契約を結ぶ事を明らかにしています。


7月中旬、NadeshotはCSGO部門を開設する事をYouTubeにて発表、動画では「過去にもCSGO部門を開設したが約2ヵ月といった期間で終了し失敗した。しかし、今回は全力をかけCSGO部門を開設する」と発表しており、トップレベルのメンバーを集め新たにチームを結成する事を示唆しました。

また、以前Rush B Mediaのライターにより100 ThievesがsuNny、coldzera、flushaを検討していると発表されましたが、suNnyはENCEと契約し、coldzeraはFaZeと契約とリークしたため、この交渉は終了したと考えられます。

関連記事① : 「ENCE」にsuNnyが加入、メジャー大会を最後にAleksibはベンチに、またAleksibを除く5人は2021年末まで契約を延長

関連記事② : 「FaZe」がNEO、olofmeisterに代わりcoldzera、Aleksibを検討か

現在、100 Thievesがどのプレイヤーと契約を結ぶかは明らかになってはいませんが、多くのメンバーチェンジが噂されるメジャー大会終了後に発表されると予測されます。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link