「Virtus.pro」が国際的なラインナップを検討しているとDexerto.comより明らかになっています。

DeKay’s Sources: Virtus.pro considering building international CS:GO team

Dexerto.comによると、現在Virtus.proは様々な国のプレイヤーに連絡を取っている事が明らかとなっており、国際チームを検討している事が明らかとなっています。

ロシアに本拠地を置くeSportsチームVirtus.proは、2012年から2013年にかけてはANGE1やGuardiaN、Dosia、AdrenといったCIS圏のプレイヤーを揃えチームを形成していましたが、2014年よりポーランドのレジェンドプレイヤーTaZ、NEO、pashaBiceps等を揃えチーム活動を開始しました。

チームは、メジャー大会EMS One Major Katowice 2014での優勝に加え、様々な国際大会にて優勝、上位入賞を獲得しましたが2018年末にチームの成績不振によりラインナップの再編成を発表、NEO、pashaBicepsといったプレイヤーをリリースしSnax、byaliといった経験豊富なプレイヤーに加えポーランドの若手プレイヤーを中心にチームを結成しました。

関連記事 : 「Virtus.pro」の新たなナインナップが発表、byali、Snax、TOAOが新たに加入

チームは新体制になり約9ヵ月が経ちますが、byaliはチームの方向性の違いにより脱退、その他メンバーチェンジを重ねましたが、Tier1の大会の出場はおろか、オンラインの大会においても結果を残せずに続いています。

Virtus.proが、どのプレイヤーと連絡を取っているかは現在明らかになっていませんが、もし国際的なラインナップを構築する場合は多くのメンバーチェンジが噂されるメジャー大会終了後と予測されます。

現在のVirtus.proのラインナップは以下になります。チームは来月21日より行われる賞金総額33.5万ドルV4 Futer Sports Festval 2019に出場予定です。

 Michal "snatchie" Rudzki
 Michał "MICHU" Müller
 Janusz "Snax" Pogorzelski
 Arek "Vegi" Nawojski
 Tomasz "phr" Wójcik
 Jakub "kuben" Gurczynski (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link