「Envy」jdm64に代わり南アフリカのCSGOチーム「ATK」に加入していたプレイヤーSonicが加入した事が発表されています。


南アフリカ共和国のプレイヤーSonicは、南アフリカのトップチームBravadoにて約4年間活躍したプレイヤーで、今年初めにDenial Esportsへ移籍し、4月にはDenial EsportsよりATKに加入しました。

関連記事 : 南アフリカのチーム「Bravado Gaming」がクラウドファンディングを中止、資金は返金へ

国際大会の出場経験は少ないもののHLTVの総合Ratingは1.17を記録しており、直近の成績では昨年末に行われたDreamHack Open Winter 2018では準優勝、DreamHack Mumbai Invitational 2018では優勝の実績を残しています。

以前よりEnvyはjdm64に代わるプレイヤーを探していたと以前明らかになっており、その候補としてSonicの他にTenZ等も明らかになっていましたが、今回の発表よりEnvyにSonicが加入しました。

Sonicが新たに加入したEnvyのラインナップは以下になります。チームは6月12日より行われるStarLadder Major 2019 Americas Minorに出場します。Americas MinorにはCloud9やNRG、FURIA等のチームが出場予定です。

 Noah "Nifty" Francis
 Bradley "ANDROID" Fodor
 Jacob "FugLy" Medina
 Sam "s0m" Oh
 Aran "Sonic" Groesbeek
 Zachary "Eley" Stauffer (コーチ)

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link