「Envy」jdm64に代わり現在ATKに所属する南アフリカ共和国のプレイヤーSonicが加入する可能性があるとDust2.usより発表されています。

Report: Sonic in talks with Envy; TenZ and FNS to stand-in for Lazarus

Dust2.usによると、複数の大会予選にてEnvyはSonicを登録している事がESEAのラインナップより確認でき、jdm64に代わり出場予定と発表されています。

Sonicは南アフリカトップチームBravadoにて約4年間活躍したプレイヤーで、今年初めにDenial Esportsへ移籍し、4月にはDenial EsportsよりATKに加入しました。

関連記事 : 「Denial Esports」のメンバーが南アフリカのeSportsチーム「ATK」に加入

国際大会の出場経験は少ないもののHLTVの総合Ratingは1.17を記録しており、直近の成績では昨年末に行われたDreamHack Open Winter 2018では準優勝、DreamHack Mumbai Invitational 2018では優勝の実績を残しています。

もし、上記の移籍が実現した場合Envyのラインナップは以下になります。Envyは5月29日より行われるIEM Chicago 2019 NA Open予選に出場予定です。

 Noah "Nifty" Francis
 Bradley "ANDROID" Fodor
 Jacob "FugLy" Medina
 Sam "s0m" Oh
 Aran "Sonic" Groesbeek
 Zachary "Eley" Stauffer (コーチ)

1 コメント

  1. Sonic?!
    結局、Bravadoの方ははどうなるんだろう

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link