NFL、NBA、MLB、NHLの4つのスポーツリーグと世界各国のeスポーツチームの企業価値を比較した画像が、Visual Captitalistより公開されています。

Visual Captitalistは、NFL、NBA、MLB、NHLの4つのスポーツリーグに所属すると、TSM、FaZeなど、シーンを代表するeスポーツチームの企業価値を比較した画像を公開。表、画像は以下のようになっています。

スポーツリーグ

スポーツリーグ 最も企業価値の高いチーム 最も企業価値の低いチーム 中央値
NFL (アメリカンフットボール) 57億ドル 20億ドル 30億ドル
NBA (バスケットボール) 46億ドル 13億ドル 18億ドル
MLB (野球) 16億ドル 2.85億ドル 5.2億ドル
NHL (アイスホッケー) 4.1億ドル 1.5億ドル 1.88億ドル

eスポーツチーム

eスポーツチーム 企業価値
TSM 4.1億ドル
Cloud9 3.5億ドル
Team Liquid 3.1億ドル
FaZe Clan 3.05億ドル
100 Thieves 1.9億ドル
Gen.G 1.85億ドル
Enthusiast Gaming 1.8億ドル
G2 Esports 1.75億ドル
NRG Esports 1.55億ドル
T1 1.5億ドル

注目点として、2020年にeスポーツチームで最も企業価値の高いTSMは、NHLに所属する5つのフランチャイズチームより企業価値が高く、TSM、Cloud9、Liquid、FaZeの4チームはフロリダ・パンサーズ、アリゾナ・コヨーテズの2つのNHLチームより企業価値が高いと算出されています。

eスポーツチームは、チームによって収益モデルに大きな違いがあり、eスポーツタイトルの競技シーンに力を入れているチーム、ストリーマー・コンテンツ作成に力を入れているチームなど、様々なタイプのeスポーツチームが存在します。現時点では、スポーツリーグと大きな差が開いていますが、2021年、2022年、更に加速するであろうeスポーツシーンに注目が集まります。

関連記事
配信技研が「Esports Tiers in Japan 2020」を発表、初登場「VALORANT」がTier1へ格付け
2020年第3四半期のeスポーツタイトルPC部門のTierランキングが発表、CS:GOは3位、VALROANTが4位へランクダウン、CoD:MWがTier1タイトルへ

2 コメント

  1. NBAが2つありますよ

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。修正致しました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link