Amazon ゲーミングデバイス祭り

The Esports Observerより2020年第3四半期のeスポーツタイトルPC部門のTierランキングが発表されています。

アメリカのeスポーツ情報サイトThe Esports Observerは、アクティブユーザー数、賞金総額、大会・配信観戦時間、同時視聴者数、トーナメント数の6つの指標のもと、PCゲームタイトルにおける各タイトルをTierごとに分類し、ランキング形式で発表しています。

2020年第3四半期となる今回は、前回の2020年第2四半期と比較し、CS:GOがTier1からTier2へダウンし3位へ、VALORANTはTier2を維持した一方で3位から4位へランクダウンしています。

Tier 1

1位 - League of Legends
2位 - Call of Duty: Modern Warfare

Tier 2

3位 - Counter Strike: Global Offensive
4位 - VALORANT
5位 - Dota 2
6位 - Fortnite
7位 - Apex Legends
8位 - Overwatch
9位 - PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
10位 - Hearthstone

Tier 3

11位 - Rocket League
12位 - StarCraft 2
13位 - Tom Clancy’s Rainbow Six Siege
14位 - Teamfight Tactics
15位 - Warcraft

前回6位だったCoD:MWが2位、そしてTier1へ上昇した理由として、フランチャイズ形式が採用されるCall of Duty Leagueの存在を挙げており、今年度の1月よりスタートする同リーグは賞金総額600万ドル(約6.3億円)で開催、2020年第3四半期のみで5億円を超える賞金が各チームへ支払われています。

前回のランキングで2位、3位だったCS:GO、VALORANTは共に3位、4位にランクダウン、プレイヤーベース、賞金総額、大会視聴者数は共に高い数値を維持し続ける2つのタイトルですが、CoD:MWのランク上昇に伴い、1つずつ順位を落とす結果となりました。

CS:GOは来月より賞金総額100万ドル(約1.1億円)のリーグ大会FLASHPOINT Season 2がスタート、VALORANTは12月より全世界各地域で地域チャンピオンを決定するRiot Games初の公式大会FIRST STRIKEがスタートするため、2020年第4四半期では再度上昇することが予測されます。

関連記事
世界6ヵ国のeスポーツタイトル人気ランキング、CS:GOは4ヵ国でランクイン
レアル・マドリード所属カゼミーロがeスポーツチーム「CaseEsports」を設立、1部門目としてCS:GO部門の設立を発表

9 コメント

  1. csgo、gaulesのおかげで上位維持できてる感ある。大会にmibrが出場した時の視聴者数が段違い

    返信削除
  2. e-sports tierもなんだかなぁ·····

    返信削除
  3. CSGOから人を奪ってそれぞれTier2は草

    返信削除
    返信
    1. コロナで大会キャンセルとか延期になってるからTier下がってるだけやで

      削除
  4. いつも思うけどこの集計時期によるクソランクいる?

    返信削除
    返信
    1. スポンサー側は参考になるよ
      プレイヤー側からしたらどうでもいいけど

      削除
  5. やっぱりNAでの人気に大きく左右されんだね
    CoDは見ててまったく面白いと思わないけど人気なんだね

    返信削除
  6. codの大会ってなにやってんの?デスマ?

    返信削除
    返信
    1. サーチみたいなモードじゃない?
      知らんけども

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link