Amazon ゲーミングデバイス祭り

CS:GOに、ゲームをプレイすることで仮想通貨ビットコインが獲得できるサードパーティ製のサービス「ZEBEDEE Infuse」が登場しています。

ビットコインを始めとした仮想通貨を取り扱うスタートアップ企業ZEBEDEEは、CS:GOのゲーム内スコアに応じて、ビットコインが獲得できるサービス「ZEBEDEE Infuse」を発表。

キルを取ればビットコインを獲得でき、キルを取られるとットコインを失うという単純明快なシステムとなっており、公式Twitterより公開された動画では、スコアに応じてビットコインの残高が変更している様子が確認できます。

画面右上にはビットコイン残高が表示

キルに応じて、ビットコインが獲得できるシステムとなっている

一方、倒されることで残高よりビットコインが引かれる仕様となっている

ビットコインを獲得できるサーバーにJOINするには、ZEBEDEE Infuseのスマートフォンアプリをダウンロードし、100 Satoshi (0.00000001 BTC = 約4円)を支払う必要がありますが、試合結果、スコアに応じては、より多くのビットコインを得ることができ、すぐに現金化できることが特徴となっています。

Decryptのインタビューでは「ビットコインとCS:GOの融合は、これまでのブロックチェーンで見たことが無い方法で、ゲーマーの心に響きました。設置されている10台のサーバーは、事前登録のユーザーで既に満員となっているため、すぐにサーバーを拡張する予定です。」と答えており、今後はサーバー拡張から、無料のサーバーも立ち上げも明かしています。

また、「現在のeスポーツシーンは、全ての賞金を勝ち取るごく一部のプロのmためにしか開催されていません。(ZEBEDEE Infuseの)最大の革命は一般プレイヤーの為に作られたサービスであるということだろう。」と付け加え、プロの競技シーンに参加していないアマチュア、カジュアル層への普及から、最終的には競技シーンへ拡大可能性が高いと指摘しています。

現在、CS:GOでお金を稼ぐには、プロの競技シーン、ストリーマー、コンテンツクリエイター、ベッティングサイト、スキントレード、当サイトのようなWebメディアなどが主流ですが、今後はビットコインも選択肢の1つとして入るでしょうか。

関連記事
CS:GOスキン「AWP | Dragon Lore」が1,560万円で取引成立、武器スキン史上過去最高の取引額へ
14万円相当のCS:GO武器スキンを盗んだ男性に最高8年間の懲役、チェコのメディアが報じる

7 コメント

  1. これレディープレイヤーワンで見たやつや!

    返信削除
    返信
    1. 俺たちこれから悪徳企業の奴隷になってキルを稼がなきゃならんのか…

      削除
  2. ビットコインガチ勢(チーター同士の異次元バトル)爆誕!?

    返信削除
  3. こういうのは…やめてほしいなァ…

    返信削除
  4. 楽しみだけどチーター対策強化してくれ

    返信削除
  5. 死亡しまくって借金背負うことになったら笑う

    返信削除
  6. チートが得するだけやん

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link