フィンランド出身のプレイヤーJamppiが自身のTwitterでCS:GOの競技シーンより現役を引退し、VALORANTへの移行を発表しています。

現在19歳のプレイヤーJamppiは、昨年4月にフィンランドのNo.1チームENCEへの加入を発表しましたが、約8ヵ月のプレイでラインナップ離脱を発表。一方、ENCEはSnappi、Spinx、dychaを獲得し、国際チームへの移行を発表しました。

CS:GO引退について、JamppiはTwitterで公開した動画で「8ヵ月の間、最高峰のチームと対戦する機会を与えてくれたENCEには感謝しています。そして、私はVALORANTへ移行することになりました。第一にの理由は皆さんもご存じの通りです。」と述べ、Valveが主催するメジャー大会への出場禁止処分を理由にVALORANTへの移行を決断したことを発表しました。

Jamppiは、フィンランドで最も才能のあるプレイヤーとして評価されてきましたが、過去にVACBANを受けた経緯を持っていることを理由に、2019年に設立されたOG CS:GO部門と交渉が決裂。2020年にENCEへ加入した後、VACBAN解除を求めるため、Valveとの長い裁判を続けましたが、結果として解除には繋がりませんでした(関連記事,,,)。

VALORANT移行について、Jamppiは「今回の決断は、私にとって再出発のようなものです。精神的にも自由にプレイし、競技シーンで競い、うまくいけばそのゲームで最高の選手の一人になれるということはチャンスだと思います。」と述べており、VACBANという鎖に縛られないVALORANTでトップを目指す意向を明かしています。

4 コメント

  1. なんだったんだこいつは

    返信削除
  2. Howzerが他ゲーム移行後も許されないならJamppiも許されてはいけないと思うのだが
    違いを教えて欲しい

    返信削除
  3. はじめからメジャー出場停止の解除のみを求めて裁判起こしてたならまだしも、過去にSteamアカウントがVAC BANされたのは事実(友人にアカウントを売った後でと主張してた気がするが)なのに、損害賠償と解除を求めていたこと、裁判を起こした周りの人間が同名の別の会社を訴えてたこととか、いろいろ脇が甘すぎるね

    返信削除
  4. Howzerはチートを今に至るまで一度も認めてないしチート使わなくなってからの態度にも問題があるんだろ
    そもそもその状態では認められるものも認められないだろうとは思うんだけど

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link