今月26日にCS:GO部門を設立したFunPlus Phoenix(通称:FPX)に、mousesportsよりchirsJがローン契約で移籍したことが発表されています。

現在30歳のオランダ出身のプレイヤーchirsJは、2013年にmousesportsへ加入。以降、約7年間に渡り、mousesportsで活動を続けましたが、23日に発表されたベンチ入りに伴い、FunPlus Phoenixへの加入を発表しました。

FunPlus Phoenix加入に伴い、mousesportsで共にプレイしたSTYKOと再開。また、AWPerの役割をFarligへ受け渡し、自身はIGLへ転向します。

新たにchrisJが加入したFunPlus Phoenixのラインナップは以下になります。チームは本日よりスタートするDreamHack Open January 2021 Europeにて、Evil Geniusesと対戦予定です。

 Jesse "zehN" Linjala
 Martin "STYKO" Styk
 Pavle "Maden" Bošković
 Asger "Farlig" Jensen
 Chris "chrisJ" de Jong
 Jonatan "Devilwalk" Lundberg (コーチ)

今回の移籍は、ローン契約であるため、実質的にはmousesports、FunPlus Phoenixの両方に在籍していることになります。CS:GO史上最も長く同チームに在籍するプレイヤーとしてmousesportsに残ってほしい思いもありますが、その逆にFunPlus Phoenixで成功を収めてほしい気持ちもあります。

3 コメント

  1. CSGOで30歳超えた選手が第一線にいることが凄いし、キャリアも輝かしい。成功したら、他の選手の希望にもなる。頑張れchrisJ

    返信削除
  2. IGL腕訛ってなきゃいいね。
    頑張って!

    返信削除
  3. オランダ国籍に戻ってるけど、ポンポン変えられるもんなのか?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link