フィンランドのチーム「ENCE」が「HAVU」よりdoto、sAw(コーチ)を獲得したことを発表しています。

ENCEは健康上の理由によりラインナップ離脱を発表したAerialコーチングバグ使用により10ヵ月の大会出場停止処分を受けたTwistaの2人に代わり、同じくフィンランドのチームHAVUよりdoto、sAw(コーチ)の獲得を発表、dotoには2年間の契約を締結しています。

現在24歳のフィンランドのプレイヤーdotoは、KOVA、HAVUといったフィンランド国内チームで活動、2019年より在籍したHAVUでは賞金総額100万ドルのリーグ大会FLASHPOINT Season 1で3位入賞、国内大会Assembly Winter 2020、Elisa Finnish Championship 2020では優勝を収めています。

また、新コーチに就任したsAwは、HAVU、iGameでプレイした経験を持ち、プレイヤー、コーチの両方の経験を持ちます。HAVUではプレイヤーとして活動していましたが、ENCE移籍に伴いコーチへ転向となります。

新たにdoto、sAwが加入したENCEのラインナップは以下になります。チームは今月7日よりスタートするIEM Beijing-Haidian 2020 Europeへ出場予定です。

 Aleksi "allu" Jalli
 Jere "sergej" Salo
 Miikka "suNny" Kemppi
 Elias "Jamppi" Olkkonen
 Joonas "⁠doto⁠" Forss
 Eetu "⁠sAw⁠" Saha (コーチ)

一方で2人が移籍したHAVUのラインナップは以下になります。

 Lasse "⁠ZOREE⁠" Uronen
 Olli "⁠sLowi⁠" Pitkänen
 Sami "xseveN" Laasanen
 Taneli "⁠disturbed⁠" Veikkola (コーチ)

コメント


Sponsored Link