Amazon ゲーミングデバイス祭り

フィンランドのチーム「ENCE」よりAerialが健康上の理由によりラインナップより離脱したことを発表しています。

現在27歳のフィンランドのプレイヤーAerialは2018年4月にENCEへ加入、ENCEではメジャー大会IEM Katowice 2019で準優勝、BLAST Pro Series Madrid 2019では優勝を収めHLTVより大会MVPに選出されています。

しかし、ENCEは2020年に入り大会では上位入賞を残せない結果が続いており、チームの成績は低迷状態、Aerial自身の過去三ヵ月のRatingは0.91と不調が続いています。

Aerialは公式サイトで「しばらくの間、自身の健康状態に問題があると感じており、競技シーンでのプレイの質が低下しています。今は他のすべてのことより自分自身の健康を優先させます。いつ復帰するかはまだ分かりません。」とコメント、健康上の理由によりラインナップより無期限の離脱、競技シーンへの復帰時期は未定と発表しています。

また、Aerialの離脱によりENCEは出場を予定していたElisa Invitational 2への出場を辞退、11月よりスタートするIEM Beijing-Haidian 2020 Europeまで新ラインナップを発表します。

現在のENCEのラインナップは以下になります。

 Aleksi "allu" Jalli
 Jere "sergej" Salo
 Miikka "suNny" Kemppi
 Elias "Jamppi" Olkkonen
 Slaava "Twista" Räsänen (コーチ)

コメント


Sponsored Link