Counter Strikeがリリースされて2020年11月9日で20周年を迎えています。

Half-LifeのMODとして1999年に誕生したCounter Strikeは、後にHalf-LifeのパブリッシャーであるValveに買収、2000年11月9月にCounter Strike 1.0としてリリースされました。

Counter Strikeとしてリリースされたタイトルは、従来の爆破モードのほか、バニーホップ、サーフサーバーなどコミュニティにより様々なゲームモードが誕生、現行のタイトルであるCounter-Strike: Global Offensive(CS:GO)も当時の良さを残しつつ、現在も世界的FPSタイトルとして知られています。

Counter Strikeの20周年にはCS:GO公式Twitter(@CSGO)も祝福、G2、NiP、Northなど様々なチーム、プレイヤーから祝福の声が寄せられています。

余談ですが、昨年のHLTV年間トッププレイヤーランキング1位に輝いたフランスのプレイヤーZywOoは生年月日が2020年11月9日でCounter Strikeのリリース日と同日、ZywOoも2020年11月9日で20歳の誕生日を迎えています。

関連記事
2020年第3四半期のeスポーツタイトルPC部門のTierランキングが発表、CS:GOは3位、VALROANTが4位へランクダウン、CoD:MWがTier1タイトルへ
ムービー「Counter-Strikeがゲーミングをどのように変えたのか」

コメント


Sponsored Link