Gen.Gに所属するインドネシアのプレイヤーBnTeTのインタビューがFLASHPOINTのYouTubeチャンネルより公開されています。

インタビューでは、一部でミームとなっているPolish Pride*、言語の壁、アジアと欧米の違い、VALORANT転向、xccurateについて答えています。以下、CSGO2ASIAの文字起こしを元に一部引用した文章を抜粋します。

*Polish Pride -  ポーランドと インドネシアの国旗が似ていることからコミュニティから"Poland Player"と呼ばれる。また、現在のポーランドシーンがそこまで強くない事から"Polish Pride"と呼ばれることが多い。


Polish Prideについて

実際にそのミームを多く目にします。今ではかなり有名なミームとなっており、インドネシアのファンからもそう呼ばれます。

私もこのミームにはかなり慣れており、実際に私のファンも私がポーランド人と呼ばれたことで怒ることはありません。私のファンも私がそう呼ばれて喜んでいるし、私自身もちょっと面白いと思っています。


言語の壁について

言語についてはかなり難しいですが、どうにかやり遂げることが出来ています。トップレベルの大会でも準々決勝、準決勝へ進むこともありますが、それほど安定しているわけではなく、浮き沈みがあります。言語の壁は私たちにとってかなり深刻な問題です。

TYLOOに在籍した際はIGLを担当していましたが、中国語に関しては流ちょうに話すことはできませんでした。しかし、彼らは私の言っていることを理解しているし、私も彼らの言っていることをなんとなく理解していました。


アジアシーン

アジアのプレイヤー、特に中国のプレイヤーはアグレッシブにプレイする傾向があります。彼らラには規律、チームワークが欠けており、実際にアジアのアグレッシブなスタイルはアメリカ、ヨーロッパに勝てません。欧米からコーチを呼び寄せ、ゲーム内のメタをアップデートする必要があります。

アジアのプレイヤーは殆どアジアで練習しており、良いスキルを思ったプレイヤーもたくさんいます。しかし、経験、チームプレイなどの地域が欠けています。


VALORANTについて

VALORANTを3~5回ほどプレイしましたが、AIMはかなりCounter Strikeに似ており、ゲーム自体はかなり楽しいと思いましたが、今の私のモチベーションはCounter Strikeにあります。ただ、Counter Strikeが大好きなだけなんです。

AIMは似ていますが、ゲームの進行はかなり違います。VALORANTはキャラごとにスキルを持っており、初めてプレイした私にとってはハードルがかなり高いです。

VALORANTは新規に始めるプレイヤーにとっては良いと思いますが、今のところはCounter Strikeで行こうと思っています。今でもこのゲームが好きで私のパッションもこのゲームにあります。


xccurateについて

xccurateと共にプレイしたのが懐かしいですね。私が彼と共にTYLOOでプレイしていた時はかなり上手くいっていたと思います。

今はcbbk、XigN、ImpressioNと共にNG Esportsというチームを作ったと聞いています。このチームはかなり上手くいくと思います。特にXigNはアジアでもトップクラスのプレイヤーだし、以前からトップレベルでも最高のパフォーマンスを発揮しています。アジアでもトップクラスのチームのなると思いますが・・・・

コメント


Sponsored Link