かつてのオーストラリアトップチームとして活躍した「VOX Eminor」の公式Twitterが約3年ぶりにツイートを更新しコミュニティで話題になっています。

かつて存在したオーストラリアのeスポーツチームVOX Eminorは「うーん、これはまだ機能するのかな?」とツイート、2017年10月以来約3年ぶりにTwitterを更新。

今月13日には当時のVOX Eminorのメンバー(AZR、jks)も所属するチーム100 ThievesがCS:GO部門の解散を発表しましたが、それに反応するかのようにTwitterを更新、コミュニティではVOX Eminorが100 Thievesのラインナップを獲得し再びCS:GOシーンに参入するのではないかと話題になっています。

2010年から2016年まで存在したオーストラリアのeスポーツチームVOX Eminorは、AZR、jks、yam、Havocに加え、現在アナリストとして活動するSPUNJがかつて所属したチームで、オーストラリアチーム初となるメジャー大会出場で知られています。

2015年にコアメンバーはRenegadesへ移籍を発表し、徐々にCS:GO部門は縮小、2016年にチームの解散を発表しました。

関連記事
jkaemが「100 Thieves」から「Apeks」へ移籍、約3年ぶりとなる自国ノルウェーのチームへ
「100 Thieves」Gratisfactionがオファーを公開、CS:GO、VALORANTの両方でキャリアを検討

コメント


Sponsored Link