Amazon ゲーミングデバイス祭り

ESEAアジアリーグの出場チームが半数以上に激減したことがCSGO2ASIAのTwitterより明らかになっています。

アジアのCS:GOの情報を発信するメディアCSGO2ASIAはTwitterで「VALORANTがアジアのCS:GOシーンに短期的に与えた影響を知りたいのであれば、以下の情報はそれを示すそれ以上のものではありません。」と述べ、直近のアジアのESEAリーグESEA Season 34、ESEA Season 35の出場チーム数を比較、それぞれの出場チーム数は以下になります。

ESEA Season 34 Asia (2020年4月~6月):58チーム
ESEA Season 35 Asia (2020年8月~11月):24チーム

ESEA Season 34 Asiaでは日本よりIgnis、DWFNの2チームが出場していましたが、Season 35では0チーム、アジアの強豪チームではTIGER、Mazaalai、Paper Rex、HZが出場しており、現在TIGERが首位、Season 34同様にTIGERが優勝するでしょうか。

2 コメント

  1. これは悲しいなあ
    今の状況だとcsgoが廃ってきてるかvaloが栄えてるのかは判断できないけど、csは長く続いて欲しい

    返信削除
  2. CSアジアシーンは冬の時代だけどモンゴルはなんか元気だな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link