「MAD Lions」がBubzkjiに代わりLekr0を検討していることがDBLTAPより明らかになっています。

先月末、MAD LionsはチームのエースプレイヤーであるBubzkjiをベンチに入れる予定であることが明らかとなりましたが、今回新たにMAD LionsはBubzkjiに代わり元NiPのIGLであるLekr0と交渉を進めていることが明らかとなっています。

現在27歳のスウェーデンのプレイヤーLekr0は、GODSENT、Fnatic、NiPといったチームでのプレイ経験を持ち、5回のメジャー大会出場に加え、数十回以上の国際大会へ出場した経験を持つベテランプレイヤーの1人です。


MAD Lionsはデンマークのプレイヤーで構成されたチームですが、スウェーデンのプレイヤーであるLekr0が加入することでコミュニケーションによる問題は発生しないと考えており、Lekr0はIGLから再びライフラーに戻る予定です。

MAD LionsにLekr0が加入した場合、チームのラインナップは以下になります。MAD Lionsは8月より行われるDreamHack Open 2020 Europe、ESL One Cologne 2020 Europeに出場予定のため、近いうちに正式発表がアナウンスされると予測されます。

 Frederik "acoR" Gyldstrand
 Rasmus "sjuush" Beck
 Fredrik "roeJ" Jørgensen
 Asger "AcilioN" Larsen
 Jonas "Lekr0" Olofsson
 Luis "peacemaker" Tadeu (コーチ)
 Lucas "Bubzkji" Andersen (ベンチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link