「Astralis」がHLTV世界ランキング10位圏外へ、コロナウイルスの影響を受けアジア太平洋地域のチームは大幅にランクダウンする結果となっています。

今月13日、HLTV世界ランキングが更新、約4年間に渡り世界ランキング10位圏内を維持し続け、407日に及ぶ世界ランキング1位をキープし続けたAstralisですが、遂に11位までランクダウンする結果となりました。



また、新型コロナウイルスの影響を受け、全試合がオンラインへ移行している中、世界ランキング1位に輝いたBIGを始め、Heretics、Nemiga、Spirit、Hard Legionといったチームが大幅にランキングを更新、特にHereticsは76位から世界ランキング30位圏内まで大幅にランクアップしています。

その一方で、mousesports、Astralis、MAD Lions、100 Thievesはオンラインで結果は残すことはできず、mousesports、Astralisは10位圏外へランクダウンとなりました。


新型コロナウイルスの影響を一番受けていると言っても過言ではないアジア・オセアニア地域のチームは大幅にランキングが落ちる結果となり、現アジアランキング1位のチームTYLOOは51位へ、Renegadesは52位までランクダウンしています。

オフライン大会がいつスタートするか分からない現状況で、アジア・オセアニア地域のチームが再びランキング上位に食い込むことはまだ先のように感じられます。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link