mousesportsのキャプテンを務めるkarriganがInstagramで投稿したコメントが話題となっています。

mousesportsはESL Pro League Season 11 Europeでは準優勝を獲得したものの、ESL One Road to Rioでは13-14位、DreamHack Masters Spring 2020では0勝3敗で最下位と直近の大会成績は低迷傾向となっています。

karriganはチームの成績低迷の理由として、ハードワーク、メンタル面が影響していると答え、今後はよりリフレッシュする機会を設ける意向を明かしています。

Finn "karrigan" Andersenのコメント

「コロナウイルスのパンデミックがスタートして以来、メンタルをリセットする良い方法を見つけることに苦労しています。通常の私たちはオフライン大会に出場した後、自宅にに戻り様々な方法でメンタルをリセットし、次の大会に向けゆっくりと練習を再開します。

私はIEM Katowice 2020の大会後、一生懸命プレイし、特に過去1~2ヵ月は2週間で150時間以上練習をしていると思います。デモを見て、新しい戦術を考え、個人スキルの上昇、公式戦以外でチームで激しい練習などを行ってきました。

しかし、最近の私はいつもの自分のようではなく、予想外な小さなミスが多すぎます。DreamHack Masters Spring 2020での最後の試合で敗退し最下位となった時は、私は気を散らすため、休養を取り、長い散歩に出て、屋外スパへ行きました。

そして私は常にリフレッシュすることが重要であることに気づきました。明日は自宅へ帰り、よりバランスの取れたスケジュールを維持するように努めます。今後、同じ状況に陥ることはありません。悪い結果の中、私たちをサポートしてくれる皆さんに感謝します。私たちは今後数週間で再び強くなって戻ってきます。」







Not gonna lie, since corona started I have had a hard time finding a good way to reset mentally. Normally we go to tournaments, come home and reset different ways and start grinding for the next tournament slowly. I have worked my ass off since Katowice and lately especially last 1-2 months I had above 150 hours pr. 2 weeks, with watching demoes, inventing new playbook, playing individually and hard practice with the team besides official games. Lately when I play, I see not my usual self and do way too many small unfocused mistakes. Since our last game in Dreamhack I decided to go straight to vacation, without any distractions and go for long walks and enjoy outdoor spa. I realize how important this is normally for me and tomorrow I drive home and will try to maintain a more balanced work schedule so I don’t end up in the same situation. Thank you for your guys support during this hard time with bad results, I know we are coming back stronger again the coming weeks. ❤️
Finn Andersen(@karrigancsgo)がシェアした投稿 -

また、先日は世界ランキング1位のAstralisに所属するgla1ve、Xyp9xは競技シーンへのストレス、燃え尽き症候群より休養を取ることを発表し大きな話題となりました。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link