HLTV世界ランキングが更新、「Fnatic」が約4年ぶりとなる世界ランキング1位へランクアップしています。

Fnaticは先日行われたESL Pro League Season 11 Europeにてmousesports、Natus Vincere、Astralis、FaZe、NiPといった強豪チームを下し優勝、2016年4月11日ぶりとなる世界ランキング1位へランクアップしています。今月27日に更新されたHLTV世界ランキング、1位から10位は以下のようになっています。


11位から20位は以下の通り。MAD Lionsは賞金総額100万ドル(約1.1億円)のリーグ大会FLASHPOINT Season 1で優勝を獲得し11位に順位を上げたものの再び12位へとランクダウン、その他に大きな変動は無しとなっています。


21位から30位は以下のようになっており、ESL One Road to Rio Europeでmousesportsに勝利したNorthが5位順位を上げ25位へ、今年3月にScreaMの実の弟であるNiveraを迎え入れ新体制となったHereticsはESL One Road to Rio EuropeにてDignitas、ENCEに勝利しており、チーム初となるトップ30位へランクインしています。


現在開催中のメジャー大会へと繋がるESL One Road to Rioですが、ヨーロッパ地域ではMovistar Ridersがmousesportsに勝利するなど様々な試合で番狂わせが起きており、また、FnaticがAstralisに勝利、ENCEがFnaticに勝利、HereticsがENCEに勝利し、コミュニティでは"Heretics>ENCE>Fnatic>Astralis、つまりHeretics>Astralis"などといったコメントが寄せられており、なかなか面白い展開となっています。

現在は新型コロナウイルスの影響を受け、全ての大会がオンラインでの実施となっていますが、依然として大会は多く行われており、再び世界ランキング1位が入れ替わることも予想されます。

5 コメント

  1. >AstralisがFnaticに勝利

    これ逆や!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正いたしました。

      削除
  2. 組織が有能すぎる

    返信削除
  3. Northが5位になっちゃってます

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正いたしました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link