HLTV世界ランキングが更新、「OG」が「ENCE」の順位を抜き、「Gen.G」は大幅に順位を上げ、初のベスト30にランクインしています。

2月24日に更新されたHLTV世界ランキング1位~10位は以下の通り。BLAST Pro Season 2020 Spring Regular Season以降、S-Tier大会が無いことが理由かランキングの変動は無く、若干のポイント変動のみとなっています。


11位から20位にかけては、DreamHack Open Anaheim 2020にて準優勝を獲得したFURIAが6つ順位を上げ15位へ、同じくブラジルのチームであるMIBRは同大会にてcompLexityに2度敗北し18位へダウン、ブラジル1位の座をFURIAへ譲ることとなりました。

また、DreamHack Open Anaheim 2020にて最下位の7-8位となったENCEは順位が6つ落ち17位へ、昨年12月にAleksibが移籍したOGに順位を抜かれる結果となりました。

ENCEは昨年7月に世界ランキング2位を記録しましたが、昨年9月にメンバーを変更して以来順位は右肩下がり、今月初めに行われたICE Challenge 2020においても最下位を記録しており、2大会連続最下位となっています。


21位から30位にかけてはDreamHack Open Anaheim 2020にて優勝を獲得したGen.Gが大幅に順位を上げ23位へ、初のベスト30入りとなりました。


今月24日よりは世界最高峰の大会の1つ、IEM Katowice 2020がスタートしており、大会結果次第では1位の変更、もしくは大幅なランキング更新が期待されます。

3 コメント

  1. NBKつえーよなぁ

    返信削除
  2. AleksibがENCEを抜いたのは気持ちがいい。
    AIMのいい人が欲しいからって、なぜこれまで勝ち上がってきた指揮官を抜いたのか……

    返信削除
  3. そういうかっこ悪い抜かれ方は他のチームがやりまくってたからか、
    AleksibはIGLというのもあって嫌な予感しかしなかった

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link