賞金総額50万ドル「ECS Season 8 Finals」に出場する8チームが決定しています。

ECS Season 8 Finals

ECS Season 8 Finalsはアメリカ・バージニア州アーリントンにて11月28日から12月1日の4日間にかけて行われる賞金総額50万ドルのオフライン大会です。北アメリカ予選、ヨーロッパ予選を勝ち抜いたそれぞれ4チームの計8チームが出場します。

出場チーム

 AVANGAR (ヨーロッパ予選)
 NiP (ヨーロッパ予選)
 Astralis (ヨーロッパ予選)
 Fnatic (ヨーロッパ予選)
 Sharks (北アメリカ予選)
 Evil Geniuses (北アメリカ予選) 
 Liquid (北アメリカ予選)
 MIBR (北アメリカ予選)

ヨーロッパ予選では、メジャー大会3連覇のAstralis、前回メジャー大会準優勝のAVANGARに加え、flusha、Goldenといった旧メンバーを迎え入れDreamHack Masters Malmö 2019にて優勝を収めたFnaticといったチームが競争率の非常に高いヨーロッパ予選を勝ち抜き、本戦への出場権を獲得しています。


今年7月に行われたECS Season 7 FinalsではVitalityが優勝、チーム初となるS-Tier大会のタイトル獲得となった

アメリカ予選では、Luken、meyernといったアルゼンチンを代表するプレイヤーをチームに迎え入れたブラジルのチームSharksが一番乗りで本戦への出場権を獲得しています。また、Lukenは今年3月に行われたWESG 2018にてアルゼンチン代表としてAbsoluteと対戦しています。

Sharksに加え、現世界ランキング1位のEvli Geniusesを筆頭に、Liquid、MIBRといった世界ランキング上位勢がアメリカ予選を勝ち抜きECS Season 8 Finalsへ出場します。

賞金プール

1位 - $225,000 (約2400万円)
2位 - $100,000 (約1100万円)
3-4位 - $50,000 (約550万円)
5-6位 - $25,000 (約270万円)
7-8位 - $12,500 (約140万円)

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link