「WESG 2018 World Finals」にてAbsoluteがFurious、FrostFireを2-0で下しグループ予選1位通過しました。

WESG 2018-2019

WESG 2018-2019は、中国・重慶市にて2019年3月11日~17日に開催される賞金総額89万ドル(約1億円)のオフライン大会です。世界中の各地域予選を勝ち抜いた29チームと招待された3チームの計32チームが出場します。現在、本戦にはG2、OpTic等世界トップレベルで戦うチームが出場を決めており、MIBR、Fnatic等のチームが招待チームとして発表されています。

Absolute vs Furious


 Absolute [2-0]  Furious
 Absolute [22-20]  Furious (Cache)
 Absolute [16-8]  Furious (Dust2)

グループ予選1試合目はアルゼンチンのFuriousと対戦しました。1stマップはAbsolute側がPICKしたCache。前半ラウンドは9-6でFuriousがリードしますが、後半ラウンドにてAbsoluteが6ラウンド、3ラウンドと連取。Furiousに3ラウンド連取されOTに入りますが、2回のOTを経てAbsoluteが22-20で勝利しました。

1stマップはFuriousのLukenが43-22でRating 1.46に対し、Lazが38-25でRating 1.50といったスコアを残しています。

2ndマップはFuriousがPICKしたDust2。前半ラウンドより11-4と圧倒的なリードを広げ、16-8でAbsoluteが勝利しました。takejが24-11でRating 1.60を記録しています。

2マップを通して、両チームのスタープレイヤーであるLaz、Lukenが活躍し、それぞれチームトップのスコアを獲得しています。FuriousはIGLであるLukenのキャリー力でチームをリードしている印象でした。


Absolute vs FrostFire


 Absolute [2-0]  FrostFire
 Absolute [19-16]  FrostFire (Cache)
 Absolute [16-5]  FrostFire (Inferno)

グループ予選2試合目はマレーシアのFrostFireとの対戦しました。1stマップはAbsoluteがPICKしたCache。前半ラウンドは7ラウンドを連取され、8-7で後半ラウンドに。後半ラウンドではFrostFireが8ラウンドを取得し、13-15でマッチに入りますがAbsoluteが2ラウンドを連取しOTに。OTでは19-16でAbsoluteが勝利しました。

2マップ目はFrostFireがPICKしたInferno。前半ラウンドより12-3とリードを広げ、16-5でAbsoluteが勝利しました。

Absoluteは昨年12月に行われたStarSeries i-League Season 7 Asia予選にて1-2でFrostFireに敗北していますが、FrostFireのスタープレイヤーであるd4v41がBOOT-d[S]に移籍し若干のメンバー変更を行っていました。

バンピックはBO2であるため両チーム2マップずつBANし残りの3マップからピックする方式ですが、Absoluteは2試合ともCacheをPICKし、Nuke、TrainをBANマップに選んでいる事からプレイオフ進出を見越して作戦を残していると予想されます。

Day1 プレイオフ進出チーム

 Sngularity
 G2
 OpTic
 Valiance
 AGO
 MIBR
 Absolute
 Furious

プレイオフはBO3のシングルエリミネーション形式で行われます。トーナメント表は本日行われるDay2が終わり次第発表されると思うので発表され次第更新します。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link