「compLexity」にRUSH、blameFが加入した事が発表されています。



compLexityは先日行われたメジャー大会の結果を受け、ラインナップを再構築する事を発表、今月7日にはラインナップの再構築の一環としてRickehをチームからリリース、そして、今回新たにCloud9よりRUSH、デンマークのチームHeroicよりblameFを追加した事を発表しています。

現在25歳のアメリカのプレイヤーRUSHは、OpTic、Cloud9といったアメリカのトップチームで活動経験のあるプレイヤーで昨年行われたメジャー大会ELEAGUE Major Boston 2018では優勝を獲得しています。


しかし、メジャー大会以降Cloud9は大会にて結果を残すことができず、今年7月に行われたラインナップの再編成に伴いRUSHはベンチに移動、約3ヵ月の間、競技シーンにて活動を見せていませんでした。


また、RUSHに加え、デンマークのチームHeroicよりblameFが加入しました。現在22歳のデンマークのプレイヤーblameFは、過去にEpsilonといった国際チームでの経験もあるプレイヤーです。

Heroicでは、IGLを務めながらもキャリアを通してのRatingは驚異の1.24と非常に高いスコアを記録しています。また、Heroicでは約9ヵ月の活動でしたが、非常に競争率の高いヨーロッパ予選から勝ち上がりIEM Chicago 2019、ESL One Cologne 2019、ESL Pro League Season 9 Finals、IEM Sydney 2019といった国際大会に出場しています。

新たにRUSH、blameFが加入したcompLexityのラインナップは以下になります。チームには現在6人のプレイヤーが登録されている為、来月より開催されるESL Pro League Season 10 Americasまでに新ラインナップを発表すると考えられます。

 Rory 'dephh' Jackson
 Shahzeb 'ShahZaM' Khan
 Hunter "SicK" Mims
 Owen "oBo" Schlatter
 William "RUSH" Wierzba
 Benjamin "blameF" Bremer
 Matt "Warden" Dickens (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link