とある中国のCS:GOスキンコレクターが500万元、日本円に換算し約8,500万円でCS:GOの武器スキンを購入したことが明らかになっています。

今回報じたのは、CS:GOのスキン市場に精通するohnePixel氏。とある2人の中国人コレクターが、Titan Holoのステッカーが4枚貼りつけられた「AWP Dragon Lore」、「AK-47 Case Hardened」の2つのスキンを現金約8,500万円で購入したことを報じています。

TikTokに投稿された動画では、ドイツの自動車メーカーAudiを乗り回す様子も確認でき、かなり裕福な様子。「AWP Dragon Lore」、「AK-47 Case Hardened」の2つのスキンは過去にも1,000万円を超える取引がされていますが、2つで8,500万円はCS:GO史上過去最高額ではないでしょうか。

この2つのスキンに何故この価格が付くか分からないという方は、下記の2つの記事をご覧ください。

関連記事
CS:GOスキン「AWP | Dragon Lore」が1,560万円で取引成立、武器スキン史上過去最高の取引額へ
「AK-47 Case Hardened」が15万ドル(約1,550万円)で取引成立、AK-47の武器スキン史上過去最高額の取引へ

7 コメント

  1. もう意味がわからなくて今日夜ご飯もアシモフ食べた

    返信削除
  2. めちゃくちゃネカチモじゃん

    返信削除
    返信
    1. 中国は格差もすごいし人口も多いからな

      削除
  3. うーん、この仮想通貨

    返信削除
  4. steamアカウントハックされそう

    返信削除
  5. 今日の夜ご飯、お味噌汁とアシモフ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link