CS:GOの分析ツールを提供するleetifyは、マッチメイキングをプレイする700万人のプレイヤーを基に調査した、国民100万人当たりのCS:GO最高ランク「グローバルエリート」の分布図を公開しています

調査によると、1位は国民100万人当たり3,362人のグローバルエリートが存在するフィンランドが1位。フィンランドの人口は約550万人であるため、フィンランドには合計で1.8万人の最高ランクに到達したユーザーが存在することになります。

また、トップ30位圏外となった日本は、国民100万人当たりのグローバルエリートのユーザー数は26人~50人。日本の人口は約1.25億人のため、日本国内には3,000人から6,250人いる計算となります。国内のCS:GO人口から考えても、そこまでいないと思われますが、日本サーバーでプレイしているユーザーを基に計算されているのでしょうか。



関連記事
国民100万人当たりのFACEIT Level 10到達プレイヤーのヒートマップが話題に
最も成績の良いプレイヤーカラーは紫、CS:GO分析ツール「leetify」がマッチメイキング2万試合を調査

1 コメント

  1. 接続先から割り出せるのかな?
    そもそも日本から接続したことになってるVPN中国人が多そうw

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link