Natus Vincereの6人目のメンバーであり、同チームのアカデミーチームのメンバーでもあるB1Tのヘッドショットパーセンテージが1位にランクインしたことが明らかになっています。

ヘッドショットパーセンテージと言えば、長らくScreaMが首位を独占してきましたが、HLTVスタッフのTgwri1sのツイートにより、ランキングが変動したことが判明。ヘッドショットパーセンテージに加え、1ラウンドにおけるヘッドショットパーセンテージの2つの項目で1位へランクインしています

数マップしかプレイしていない選手が全体ランキングで上位に入ることはよくあることですが、Tgwri1sは225マップをプレイしていてランクインすることを評価しています。

関連記事
2019年のプロシーンにおけるヘッドショットパーセンテージ1位にScreaMがランクイン、8年連続の1位に
ScreaMがCS:GO史上最高のAIMを持つプレイヤー5人をインタビューで語る

5 コメント

  1. HS%にtakeJランクインしてるの初めて知った

    返信削除
  2. 重箱の隅つつくようでマジで申し訳ないですけどNatus VincereはもうNa`Viとは略さないみたいですよ

    返信削除
  3. へーそうなんだ
    どっちでもいいや

    返信削除
  4. HSハンターさん・・・w

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link