世界最大級のLANパーティー、eスポーツ大会の運営で知られる「DreamHack」がスポンサー料金、15万ドル(約1,600万円)の横領の疑いで告発されています。

CS:GO、Dota 2のスキンのギャンブルサイトWTFSkinsは、Twitterで「DreamHackは私たちと15万ドル(約1,600万円)のスポンサーシップ契約をキャンセルしました。2018年3月28日、Steam上で7日間のトレード禁止制限が実装されました。その後、DreamHackは私たちが送金したお金を受け取り、広告が表示されることはありませんでした。」と投稿。2018年にDreamHackと15万ドルでスポンサー契約を結んだ一方で、広告は表示されることなく、現在も返金されていないことを明らかにしました。

従来はユーザー間のSteamアイテムのトレードは、トレード後にすぐに使用可能でしたが、アイテムのトレードが詐欺行為、スキン賭博などに使われていることが明らかになり、2018年3月、その対策としてトレード後に7日間のアイテムホールド期間を実装を発表。トレード制限実装後、複数のギャンブル、スキントレードサイトは閉鎖を発表しています。

WTFSkinsが公開する上記のメールのやり取りでは、「WTFSkinsがVlaveにより禁止された場合、契約の解除、またはお支払いいただいた金額から、スキンなどのアイテムを差し引いた金額の返金を交渉させて頂きます。ただし、Valveに(WTFSkinsとの)スポンサーシップ契約を確認したところ、支持する許可を得ました。」とあることから、WTFSkinsが閉鎖した場合、金額を返金する予定でしたが、WTFSkinsはValveより容認を受けたことから、スポンサー契約を継続するやりとりが読み取れます。

しかし、WTFSkinsは、DreamHackでサイトが宣伝されることなく、15万ドル(約1,600万円)のスポンサー料金も返金されていないことを主張しており、DreamHackの一部の管理者へ横領の疑いを告発しています。

上記のやり取りのみを見れば、DreamHackに非があるように思われますが、ストリーマーのmOEのリプライを見た場合、WTFSkinsは以前より問題を抱えていたサイトであることが伺え、現時点で真相は不明です。

関連記事
CS:GO、ゲームプレイでビットコインが獲得できるサービス「ZEBEDEE Infuse」が登場
14万円相当のCS:GO武器スキンを盗んだ男性に最高8年間の懲役、チェコのメディアが報じる

2 コメント

  1. "問題は問題の周りで、起きやすい"

    返信削除
  2. メジャーな大会でこれはイカンだろ…
    スポンサー離れるぞ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link