Steamカードのドロップ数から、これまでCS:GOに費やしてきた課金額を調べる方法がコミュニティで話題になっています。

今回話題になっているCS:GOの課金額の確認方法は、SteamプロフィールのCS:GOバッジのページから、「カードドロップを増やすには?」をクリックすることで確認する方法。CS:GOバッジのページはこちらのリンクから確認できます。

画像右上の「カードドロップを増やすには?」をクリック

これまでドロップしたカード枚数、CS:GOに課金した金額が表示される。筆者のアカウントは722.26ドル(約7.6万円)でした。

上記の確認方法は、外部のスキントレードサイト、スキン購入サイトで購入した金額は含まれず、CS:GOのゲーム内に課金した金額(鍵の購入、Steamマーケットなど)のみの金額であるため、スキン市場に精通するインフルエンサーたちのゲーム内の購入金額暴露が盛り上がりを見せています。

Heyzeusは200万円前後
MartinRGBはなんと1,300万円
70万人のYouTubeチャンネル登録者数を誇るMrtweedayは意外にも少なく800万円弱

関連記事
CS:GOスキン「AWP | Dragon Lore」が1,560万円で取引成立、武器スキン史上過去最高の取引額へ
14万円相当のCS:GO武器スキンを盗んだ男性に最高8年間の懲役、チェコのメディアが報じる

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link