昨年9月にCS:GO部門の再構築を発表した「Cloud9」がwoxicをリリースしたことをチームの公式Twitterよりアナウンスしています

昨年9月、mousesprtsより136.5万ドル(約1.4億円)の移籍金でCloud9へ移籍したトルコ出身のAWPer、woxicは約5ヵ月の在籍で同チームより脱退を発表、今回のメンバー変更は双方の合意によって決定され、woxicはフリーエージェントとなります。

Cloud9 CS:GO部門でゼネラルマネージャーを務めるHenryGは「コロナウイルスによるパンデミック」、「不安定なPINGでの接続」を考慮し、長期的に見てチームの利益にならないと判断し、woxicのリリースを決定したことを自身のTwitterで述べています。

また、今月初めには、Cloud9がwoxicに代わり、Chaos Esports Clubで活躍したXeppaaの獲得を検討していることが明らかになっており、Xeppaaが加入した場合、メインAWPer不在のロスターとなりますが、今後の発表に期待されます。

woxicがリリースされた現在のラインナップは以下になります。チームは今月25日よりスタートするcs_summit 7に出場予定です。

 Alex "ALEX" McMeekin
 William "⁠mezii⁠" Merriman
 Ricky "floppy" Kemery
 Patrick "es3tag" Hansen
 Henry "⁠HenryG⁠" Greer (ゼネラルマネージャー)

2 コメント

  1. Naに移ったもんだとばかり思ってた

    返信削除
  2. ええ・・・アメリカに連れてこれないのにとったのか?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link