Amazon ゲーミングデバイス祭り

ドイツのマクドナルド公式Twitterが北米CS:GOシーンをからかうジョークツイートが話題になっています。

今月23日、ドイツのマクドナルド公式Twitterは「NAは基本的に引退した人たちの故郷となっています。しかし、その特典もあると聞いています。」と投稿、VALORANTへ多くのプレイヤーが移行した現在の北米CS:GOシーンをからかうジョークツイートを投稿しています。

ヨーロッパのマクドナルドは度々CS:GOと絡めた広告を出稿することで知られており、eスポーツ、そしてCS:GOがどれだけ地域シーンに根付いているかが伺えます。

過去に登場したCS:GOに絡めたマクドナルドの広告①

過去に登場したCS:GOに絡めたマクドナルドの広告②

*記事公開時、デンマークと表記していましたが、ドイツのマクドナルド公式Twitterでした。

関連記事
NAのCS:GOプレイヤーが続々とVALORANTでオファーを公開、NAシーンの現状を嘆くファン達の声
2020年に200人を超えるCS:GOプロが引退、2019年と比較して10倍近く増加
元CS:Sプロゲーマー「10年前、RpKはマクドナルドのLサイズと雑誌が読めるといった理由でVeryGamesに加入しました。」

2 コメント

  1. デンマークじゃなくてドイツのアカウントだけど

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。修正致しました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link