「MIBR」のコーチ、マネージャーにブラジルのレジェンドプレイヤーcoguが就任したことが発表されています。

先月14日、ブラジルのCS:GOチームMIBRよりチームのコアメンバーfer、TACOが脱退FalleNのラインナップ離脱が発表され、チームの再構築が発表されましたが、今回新たに新コーチにブラジルのレジェンドプレイヤーcoguが就任、coguはコーチとマネージャーを牽引します。

現在35歳のcoguは2001年から2017年にかけCS1.6、CS:S、CS:GOの3つのタイトルでプレイヤーとして活動、特に2004年から2009年にかけ在籍したmibrでは多数の国際大会へ出場、ESWC 2006を始めとした様々な大会でタイトルを収めています。

その実績もさる事ながら、類まれなるAWPスキル、キャラコントロールを兼ね備えたcoguはブラジルシーンを世界トップへ引き上げた功労者として知られ、現在も数多くのファンが存在します。

coguは今年7月にFalkol eSports VALORANT部門に加入していましたが、今月18日に脱退、今回のMIBRの新コーチ就任はその4日後となるアナウンスとなりました。

coguはYouTubeで公開された動画内の声明で「再び戻ってこれてとても嬉しいですし、とても興奮しています。すべてが決まるまではほとんど眠れませんでした。チャンピオンになるという私の夢を追求するため、これまで様々なことを諦めてきましたが、今の私はMIBRを救うためにこの位置にいます。」とコメント、MIBRの下で再びトップを目指す意向を明らかにしています。

ブラジルのメディアGlob Esporteの報告ではMIBRはLUCAS1、vsm、leo_druNkyの3人と交渉を進めていると報じられていましたが、チームのキャプテンを務めるkNgは動画内で残りの3人については既に契約終了済みと述べており、近日中に発表予定です。

新たにcoguがコーチに就任したMIBRのラインナップは以下になります。チームは今月16日よりスタートするBLAST Premier Fall Series 2020に出場予定です。

 Vito "kNg" Guiseppe
 Alencar "trk" Rossato
 Raphael "⁠cogu⁠" Camargo (コーチ/マネージャー)

コメント


Sponsored Link