「FunPlus Phoenix」が「GODSENT」CS:GO部門のメンバー買収を検討しているとHLTVより報告されています。

HLTVは中国に拠点を置くeスポーツチームFunPlus PhoenixがGODSENT CS:GO部門のメンバー獲得について交渉を進めいていると報告、DPLTAPも同様にGODSENTがCS:GO部門の譲渡を検討していると報じ、今後数週間以内に正式発表される可能性が高いと明かしています。

スウェーデンに拠点を置くeスポーツチームGODSENTは、昨年11月にSMASH Esportsのメンバーと契約、CS:GO部門への再参入を発表しました。

FunPlus PhoenixのCS:GO、VALORANTのマネージャーを務めるpecaはCS:GO部門の再結成について「ポテンシャルを持ち長期的に活動できる」チームを目指していることを答えており、2021年までの発表を目指していることを明らかにしています。

現在、GODSENTはメジャー大会出場に繋がるRMRポイントランキングで6位に位置しており、ポイント数も3,081ポイントと好調なランクに位置しています。

一方、FunPlus Phoenixは今年3月にHeroicを買収しCS:GOシーンへ参入、約160万ドル~180万ドル(約1.8億円~2億円)でHeroicを買収したと報じられていましたが、僅か1ヵ月の活動で終了しました。

現在のGODSENTのラインナップは以下になります。

 Jesse "zehN" Linjala
 Kevin "kRYSTAL" Amend
 Martin "STYKO" Styk
 Pavle "Maden" Bošković
 Asger "Farlig" Jensen
 Jonatan "Devilwalk" Lundberg (コーチ)
 Mikail "Maikelele" Bill (ベンチ)

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link