「FunPlus PhoeniX」は「Heroic」CS:GO部門を約160万ドル~180万ドル(約1.8億円~2億円)で買収したとフランスのインサイダーneLより明らかになっています。

neLは自身のTwitterにて「私が知る限りではFunPlus PhoeniXはHeroicのプレイヤーを約160万ドル~180万ドル(約1.8億円~2億円)で買収しました。また、ある情報筋によるとチームはFLASHPOINTに無料で出場権を獲得*できることを条件のもと契約、1年後のチームの結果次第では契約は終了、またはリーグから撤退することができます」とコメントしています。

*FLASHPOINTのパートナーチームになるためには出資金として200万ドルが必要。


昨年11月に行われた世界大会2019 World Championshipにて優勝を獲得した中国・北京に拠点を置くeスポーツチームFunPlus PhoeniXは、League of Legendsではトップチームの1つとして知られており、今月15日にHeroic CS:GO部門のメンバーを買収、League of Legends、Fortnite、COD Mobileに引き続き4つ目の部門となります。


FunPlus PhoeniXのラインナップは以下になります。チームは現在FLASHPOINT Season 1に出場中です。

 Patrick "es3tag" Hansen
 Martin "stavn" Lund
 Johannes "b0RUP" Borup
 Marco "Snappi" Pfeiffer
 Casper "cadiaN" Møller
 Frederik "LOMME" Nielsen (コーチ)

コメント


Sponsored Link