「FunPlus PhoeniX」は「Heroic」CSGO部門を約160万ドル~180万ドル(約1.8億円~2億円)で買収したとフランスのインサイダーneLより明らかになっています。

neLは自身のTwitterにて「私が知る限りではFunPlus PhoeniXはHeroicのプレイヤーを約160万ドル~180万ドル(約1.8億円~2億円)で買収しました。また、ある情報筋によるとチームはFLASHPOINTに無料で出場権を獲得*できることを条件のもと契約、1年後のチームの結果次第では契約は終了、またはリーグから撤退することができます」とコメントしています。

*FLASHPOINTのパートナーチームになるためには出資金として200万ドルが必要。


昨年11月に行われた世界大会2019 World Championshipにて優勝を獲得した中国・北京に拠点を置くeスポーツチームFunPlus PhoeniXは、League of Legendsではトップチームの1つとして知られており、今月15日にHeroic CSGO部門のメンバーを買収、League of Legends、Fortnite、COD Mobileに引き続き4つ目の部門となります。


FunPlus PhoeniXのラインナップは以下になります。チームは現在FLASHPOINT Season 1に出場中です。

 Patrick "es3tag" Hansen
 Martin "stavn" Lund
 Johannes "b0RUP" Borup
 Marco "Snappi" Pfeiffer
 Casper "cadiaN" Møller
 Frederik "LOMME" Nielsen (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored link


Sponsored link



おすすめ記事