Stewie2がVALORANT転向プレイヤー、CS:GOのTier2シーンに対して発言したツイートが話題となっています。

Liquidに所属するStewie2kは自身のTwitterで「iBUYPOWERが八百長を行い、彼らが大きな過ちを犯したことを私たちは見ています。彼らはCounter Strikeの競技シーンから無期限の出場停止を受け、彼らのような過ちを二度と起こさないよう手本にされました。しかし、Tier1ではないということを理由に八百長試合を行っている人たち、汚れたお金を手にここから出ていってください。iBUYPOWERの処分を知りながら競技シーンを汚し続ける人たちは本当に2回目のチャンスがあると思ってるのでしょうか?たとえどんなゲームであっても・・・」と投稿、CS:GOのTier 2シーンで活動したプレイヤー、そしてVALORANTへ移行したプレイヤーに対して八百長を常習的に行っていたことを指摘、ツイートには8,000近いいいねが寄せられています。


コーチングバグ使用チームに対しての処分が話題となっていますが、一方でStewie2kがトップシーンではないことを理由にMDLなどのリーグ大会で八百長を行い報酬を得たチームを批判、そのようなチーム、プレイヤーが競技シーンを汚していることを指摘しています。

Stewie2kは「どんなゲームであっても2回目のチャンスは無い」と強調していますが、VALORANTへ移行したプレイヤーの多くがCS:GO時代にTier2シーンで活動したプレイヤーのため、CS:GO時代の不正、八百長が明るみになった場合、VALORANTでどのような処分、コミュニティよりの意見を受けるか注目が集まります。

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link