Amazon ゲーミングデバイス祭り

Luminosity Gamingがブラジル人ラインナップでCS:GO部門の開設を示唆するツイートが話題になっています。

今月14日、MIBRよりTACO、ferが脱退、数時間後にはFalleNのラインナップ離脱が発表され、ブラジルCS:GOシーンにとって大きな変化となりました。

MIBRの発表を受け、Luminosity GamingのCEOを務めるSteve Maidaは自身のTwitterで「ブラジルのファンへ。フォロワー数が2万人を突破したら旧メンバーでCS:GO部門開設について検討する会議を始めます。ファンはこれを望んでいるでしょうか。」と投稿、ツイートには6000近くのRT、3万を超えるいいねが寄せられ、当初1万人程度だったフォロワーは僅か3日で5.4万人を突破しました。

後日、配信内*でCS:GO部門結成のツイートについてSteve Maidaは「現在、それに関する複数の会議を進行しています。しかし、これらは単なる会議であり、現在は何も決定されていません。もし実行するなら数週間、もしくは1ヵ月以上かかるだろう。最も難しい課題は、プレイヤーが共にプレイしたいかどうかです。これが一番の問題であり、お金は問題ではありません。」とコメント、移籍金、契約金などの問題よりプレイヤー同士が共にプレイしたいかが一番重要なことを指摘しています。

*配信のソースが見つからなかったためtheclutch.com.brより引用したポルトガル語を機械翻訳。

最後には「私は何人かのプレイヤーと連絡を進めています。私は最善を尽くします。約束します。」と実際に交渉は進めていることを明かし、最善を尽くすことをコミュニティに約束しました。

アメリカに拠点を置くeスポーツチームLuminosity Gamingは2015年~2016年にかけFalleN、fer、coldzera、fnx、TACOの5人と契約、HLTV世界ランキングは1位を記録し、2つのメジャータイトルを獲得しました。ラインナップがSK Gamingに移籍後もチームはブラジル人ラインナップで活動を続け、2019年9月にCS:GO部門の解散を発表しています。

1 コメント

  1. さすがにcoldzeraを引っこ抜くことはできない・・・よな?

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link