Amazon ゲーミングデバイス祭り

「Gen.G」とdapsの契約が終了、契約終了に伴いフリーエージェント宣言を自身のTwitterで発表しています。

今月12日、自身の決定によりGen.Gのラインナップより離脱を発表したdapsは、18日にGen.Gと正式に契約が終了したことを発表、今後はフリーエージェントとして所属チームを探します。

dapsはTwitterで「言うのを忘れていましたが、昨日の時点で正式に契約が解除され5年ぶりにフリーになりました。まだプレイヤーとしての活動を継続することを望めば、その役割がフィットしていると感じた場合は他のオファーに対してもオープンです。」と投稿、フリーエージェント宣言を発表、プレイヤーの他、コーチ職などの役割もオープンであることをコメントしています。

現在27歳のカナダのプレイヤーdapsは、Liquid、Daniel、eSports、OpTic、NRG、Cloud9といったNAトップチームでプレイ、昨年12月にはGen.G CS:GO部門創設時のメンバーとして同チームに加入、IGLとしてチームを率いDreamHack Open Anaheim 2020ではFURIAを破り優勝を収めています。

一方でGen.Gはdaps脱退に伴いcxziをスタンドインで採用しており、現在開催中のESL Pro League Season 12 NAに参戦中です。

 Timothy "autimatic" Ta
 Kenneth "koosta" Suen
 Sam "s0m" Oh
 Hansel "BnTeT" Ferdinand
 Danny "⁠cxzi⁠" Strzelczyk (スタンドイン)
 Chris "Elmapuddy" Tebbit (コーチ)

2 コメント

  1. チームを強くしてからのキックはこれで何回目やねん...

    返信削除
    返信
    1. だpsは「忙しいのもキャプテンうまくできないのもやだなあ」っていう個人の意向だからKickとはいわないんじゃない

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link