「Liquid」ストリーマー部門にpashaBicepsが加入したことが発表されています。


現在32歳のポーランドのプレイヤーpashaBicepsはCS1.6より競技シーンで活躍するベテランドプレイヤーで、メジャー大会EMS One Katowice 2014を始めとした多くの国際大会で優勝を獲得、賞金獲得総額は62万ドル(約6,500万円)以上に上り、世界的にレジェンドプレイヤーの1人して称されています。

昨年2月には5年以上在籍したVirtus.proより脱退を発表、以降はポーランド国内のチームAGOにトライアウトで加入しましたが約1ヶ月ほどで脱退、現在はCS:GO、VALORANTなどストリーミングを中心に活動しています。


pashaBicepsはTwitter「私はLiquidに加入しました。新しい友人たち共に良くも悪くも彼らをサポートしていこうと思います。共にCS:GOで素晴らしい歴史を作りましょう。」とコメントしており、ストリーマー部門の傍らでLiquid CS:GO部門と何らかの関わりを行っていくことを示唆しています。

Liquidのゼネラルマネージャーを務めるJokasteveは公式サイト「Pashaは10年以上に渡りCounter Stirkeコミュニティの中心的な存在です。彼はプロフェッショナルであり、シーンにポジティブな光をもたらす素晴らしいプレイヤーです。Liquidファミリーに彼のような歴史を招待することは名誉なことです。」と述べ、公式サイトではpashaBicepsがこれまで達成してきた偉業共に「ヨーロッパシーンで才能あるプレイヤーを構築する」とい指摘しており、北米の他、ヨーロッパシーンに活動を拡大する意向を明らかにしています。

ストリーマー部門への加入と共に現役での復帰の可能性が低くなりましたが、自身が運営するPasha Gaming Schoolのプロジェクトと共に現在下降気味であるポーランドシーンの発展に貢献していくことに期待されます。

また、LiquidはTwitterで以前よりVALORANT展開に関するツイートを投稿しており、コミュニティではVALORANT部門開設、Shroud加入などの様々な憶測が広がっています。

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link