「Liquid」より5年以上にチームをリードしたnitr0がラインナップより辞任したことを発表しています。


現在24歳のアメリカのプレイヤーnitr0は、2015年1月にLiquid CS:GO部門創設時のメンバーとして加入、8回のメジャー大会出場に加え、ESL Pro League Season 9 Finals、ES L One Cologne 2019、IEM Chicago 2019などを始めとした10以上の国際大会でタイトルを獲得しています。

特にチームの最盛期を迎えた2019年、IEM Sydney 2019からIEM Chicago 2019が開催された約3ヶ月の間に5つのS-Tier大会で優勝し賞金100万ドル(約1.1億円)のIntel Grand Slam Season 2を受賞、北アメリカ地域のチーム初となるHLTV世界ランキング1位に輝きました。


nitr0はLiquidではエントリー、メインAWPerなどの様々な役割を経て最終的にはIGLに落ち着き、IGLを務めながら高いAWPスキルを見せるオールラウンダーとして長期に渡りチームをリードし続けました。

新型コロナウイルスの影響を受け、全ての大会がオンラインへと移行した中、nitr0は2019年のようなスコアを維持し続けることはできず、HLTVにおける過去3ヵ月間のRatingは0.94と平均を下回るスコアとなっています。

Liquidアップロードしたnitr0への感謝を込めたムービー「Thank You, Nitr0」では、nitr0がこれまで獲得してきた実績、nitr0がこれまでNAシーンに貢献してきた努力、チームメイトよりの感謝の言葉が贈られています。


nitr0がラインナップより辞任したことにより、LiquidのCS:GO部門創設時のメンバーは0人となり、2015年3月にチームに加入したEliGEがチーム内で最も古巣のメンバーとなります。

現時点で5人目のメンバーについては発表されていませんが、Triumphに在籍するGrimが加入する可能性が高いと報じられており、今月中頃よりスタートするDreamHack Open Summer 2020までに正式発表されることが予測されます。

Liquidよりnitr0が辞任したラインナップは以下になります。

 Jonathan "EliGE" Jablonowski
 Keith "NAF" Markovic
 Russel "Twistzz" Van Dulken
 Jake "Stewie2K" Yip
 Eric "adreN" Hoag (コーチ)

5 コメント

  1. 「8回のメジャー大会優勝」ではなく「8回のメジャー大会出場」では?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正いたしました。

      削除
  2. 長かったなnitro
    お疲れ様

    返信削除
  3. ガチイケメン枠が・・・

    返信削除
  4. valorantに移行してskaとbraxと一緒にやる可能性もあるよな
    T1弱すぎて誰か蹴ってnitro補充は十分可能性あると思う

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link