中国人コレクターが総額600万円以上のAK-47のスキンを作成したことが話題になっています。

CS:GOのスキン市場に精通するohnePixelはTwitterで、匿名の中国人コレクターが「AK-47 Wild Lotus」のスキンに「Titan (Holo) Katowice 2014」のステッカーを4枚貼り付け総額6万ドル以上のスキンを作成したことを報告、日本円に換算すると約640万円近くになります。


EMS One Katowice 2014のステッカーTitan (Holo)は1枚で100万円~150万円の価値を持つステッカーですが、中国人コレクターはそのステッカーを4枚適用、更にはAK-47で最も高額なスキンAK-47 Wild Lotus*に4枚適用しているため、総額で640万円以上の価格となります。

*約30万円前後、画像よりはフロート値が0.002であることが確認できるため、より高い価値が付くことが推測される。

6 コメント

  1. 高額x高額とかいういかにも中国人が好きそうな題
    尚、カッコよさ

    返信削除
  2. ミスマッチすぎるし希少ってだけで格好良さはゼロやな~

    返信削除
  3. これもEmpressとかも元のスキンが綺麗だからそんなステッカーべたべたハランデイイ

    返信削除
  4. これだけの大金使ってyoutube投稿とかでもない匿名でスクショ上げただけだからな
    マジで金持ちの道楽

    返信削除
  5. 中国人がハマるととんでもない額動くな
    最近中国でGO人気高まってるらしいし

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link